クラウドファンディング 目標達成、そして大失敗が発覚!

イベント

こんにちは!

12/13(金)から開始したクラウドファンディングですが、
たくさんの方のシェア、そしてご支援のおかげで
なんと、開始1週間で目標達成いたしました!

毎朝目覚めるたびに
皆さんからの暖かいメッセージとご支援が一緒に届いており
予想を上回る短期間にここまで進めたことに、
とても驚き、大喜びしています!
本当にありがとうございます。

でも今回は・・・【大失敗を告白します】
思い返せは1週間前、チャリティー講演会の開催日まで1ヶ月を切って
初めて挑戦するクラウドファウンディングの審査に苛立っていました。

やったことのない入力や手続きが多く、
信頼できる会社さんだからこそ規定や制限が様々で
何度も差し戻されては頭を捻っていました。

で、やってしまいました。
よくよく考えれば当たり前のことなのですが、
クラウドファウンディングには手数料があるのです。
プロジェクトの達成金額から手数料を差し引かれた額が
手元に残るのだという注意を受けた記憶はあるのです。

にもかかわらず、
早く公開したいと気が急いていた私は
もう早くしてよー! と突っ走り
そろばん弾かずに「公開ボタン」をクリックしたのでした⤵︎

今回の目標金額185,000円は、
こども食堂の約1年分の材料費(月1回開催として)、「
「少なくとも1年分は絶対に寄付する!」
そう決意して設定した目標でした。

でも、
手数料は引かれるのです。
公開を焦ってきちんと計算しなかった私のミスです。
申し訳ありません。

だからこそ、
俯いていても仕方がないので
今からできることをやらせていただきます!

【新たな設定について】
残り3週間!
チャリティー講演会の利益の全額が18万を上回るために、
次の目標を「28万円」に設定しました!

達成した場合、
1年分の材料費を寄付するのはもちろんですが、
こども食堂を何年も継続していくためにできる仕組みづくりに
その利益を利用できるよう
いちごはうすの会のボランティアの皆さんと相談して、
地域で興味を持って手を挙げてくださる方達と
お金と運営の勉強会を開催することに利用させていただきます。

地域の農家さん、お店屋さん、レストランや食堂を営む皆さんを、
「こども食堂」の活動を通じて、一般の方と結びつけていくことで、
健全な経済の循環を起こし社会貢献活動が持続的に成立する地域になれば嬉しいです!

写真は伊達市から臨む噴火湾と駒ヶ岳です。
水面に光が反射するように
みなさんからのご支援が私たちの活動を前に進めてくださいます。

ありがとうございます。
そして、引き続きご支援をよろしくお願いいたします。